MNP予約番号発行の電話でauの引き止めと戦ってみた

格安SIM

みなさんこんにちは、ちょいまけです。

「格安SIMに乗り換えるために、MNP予約番号をauから発行してもらおう」

そう考え実際にauに電話をしたのですが、予約番号発行までに様々な引き止めを受けるハメになりました。その結果、予約番号発行まで無駄に苦労するハメになったので、これから手続きする方々がそういった目に合わないように、僕の実際に手続きしたときの体験をお話しようと思います。

MNPとは

MNPとはモバイルナンバーポータビリティといって、今使用している携帯電話番号をそのままにして他社に乗り換えることができる仕組みのことです。

携帯電話番号を変えずに他社に移行する場合は、元のキャリアの会社にMNP予約番号というものを発行してもらう必要があります。

auでMNP予約番号を発行してもらう方法は以下の3つです。

  • 電話
  • 店舗へ行く
  • EZWeb(ガラケー)

店舗に行く手間を省くため、今回は電話でMNP予約番号発行を行うことにしました。

MNP予約番号発行の電話をする前にしておくべきこと

実際に電話をする前に、やっておくべきこととして以下のことがあります。

  • 所持しているauのポイントを使い切る
  • 家族割をしている場合は家族に確認をとる

これについて説明します。

所持しているauのポイントを使い切る

auのポイントを使って食品や家電などに交換できる、au WALLET Marketというサービスがあるのですが、MNP予約番号を発行してしまうと所持しているauのポイントが使用できなくなってしまいます。

溜まっているポイントをただ捨てるのはもったいないし、ポイントを所持していることを理由にauから引き止められたりするので、電話をする前にはポイントは使い切っておきましょう。

ちなみに僕はポイント絡みで何度も何度も引き止めを受ける目にあい、なかなか話が進まず、正直めんどくさい思いをしました。あまりにも話が進まなかったので、最終的にポイントは破棄しました。もったいなかったです。

家族割をしている場合は家族に確認をとる

MNP予約番号発行をすると、自分の契約が打ち切られます。自分に関してはそれで良いのですが、家族割で契約していた場合、家族の使用料金が上がるという結果になってしまいます。

自分の都合だけで家族の使用料金を上げてしまうのは良くないので、最低でも家族割を使用している人は家族に許可をもらうようにしましょう。

MNP予約番号発行の前に状況確認

予約番号発行の前に状況整理です。まずその時の僕のauとの契約について説明します。

auとの契約について

僕のauとの契約についてです。

  • auの使用歴は17年ほど
  • 月々の使用料金は4,000円くらい
  • 家族割を使用している
  • 使用端末はiPhone6s Plus(3年ほど)

次に、格安SIM移行によって発生する手数料と使用料金の変化について説明します。

必要な手数料と使用料金の変化

  • auを解約するために必要な料金が3,000円くらい
  • SIMロック解除に3,000円くらい
  • 格安SIM契約時に3,000円くらい
  • 格安SIM使用時の月々の使用料金は2,100円くらい
  • 機種変はするつもりがない

必要な手数料が9,000円くらいで、使用料金が月々1,900円くらい下がるので、格安SIMに移行した場合5ヶ月で元がとれる計算です。

MNP予約番号発行の電話をしてみた

それでは実際にどういう引き止め(攻撃)をうけ、そしてそれをどう攻略したのかをお話します。

電話開始と本人確認

ちょいまけ
ちょいまけ

MNP予約番号ください

auのお姉さん
auのお姉さん

御本人様確認をお願いします

まずは名前や電話番号などの確認です。ここは当たり前の手順ですね。納得です。

ポイントを消費しよう攻撃

ちょいまけ
ちょいまけ

本人確認終わったんで、MNP予約番号ください。

auのお姉さん
auのお姉さん

お客様の場合ですと、auのポイントが残っていらっしゃいますので、それを使い切らないともったいないですよ。

この時僕が所持していたポイントは11,000円相当のポイントでした。たしかにもったいないなと思い、速攻で使用しました。

ちょいまけ
ちょいまけ

ポイント使い終わったんで、MNP予約番号ください。

auのお姉さん
auのお姉さん

今予約番号を発行いたしますと、先程使用したポイントはキャンセルになってしまうんです。

ポイントの消費が確定して(数日経って)から、改めて発行手続きをされてはいかがでしょうか。

たしかに言っていることはわかるのですが、ポイントの消費のために何日か待たされるものバカバカしいので、もうポイントを破棄することにしました。もったいない。

機種変更すると使用料金が安くなる攻撃

ちょいまけ
ちょいまけ

じゃあポイントもういいんで、MNP予約番号ください。

auのお姉さん
auのお姉さん

お客様は今の機種を3年ほどお使いになられてますね。今機種変更させていただきますと、〇〇万円のキャッシュバックをさせていただいて、月々の使用料金も2,500円ほどにさせていただけるのですが。

機種変更をすれば、ある程度お得になるよということらしいのですが、それって逆に機種変更しないと使用料金下げてくれないってことですよね。

あと一部キャッシュバックがあるとはいえ、機種変更するってことはこっちがその分お金を払っているということです。月々の使用料金がどう下がろうが、結局端末代を余計に払っていることに変わりはないのでは?あと格安SIMの方が安いです。

というわけでその旨をauのお姉さんに伝えることで、機種変更すると使用料金が安くなる攻撃を退けることに成功しました。

手数料が高いよ攻撃

ちょいまけ
ちょいまけ

機種変更とかいいんで、MNP予約番号ください。

auのお姉さん
auのお姉さん

解約手続きに〇〇円、とSIMロック解除に〇〇円、あと今月の使用料金がかかってきてしまいますので、もう少し後の時期まで待ったほうがお得ですよ。

たしかに時期と契約状況によっては金銭的に変わってくるケースもありますが、僕の場合は数千円程度しか変わらないし、時期を変えたときのスケジュールの調整も大変なので、正直かなり適当にゴリ押ししてこの攻撃を退けました。

手続き終了

ちょいまけ
ちょいまけ

もうとりあえず全部大丈夫なんで、MNP予約番号ください。

auのお姉さん
auのお姉さん

…かしこまりました

今までの攻撃以外にも細かい攻撃は色々あったのですが、だんだんまともに相手するのが面倒くさくなってきたので、すべてゴリ押しで突破してます。

ちなみにMNP予約番号の発行自体は1分かからずに終わりました。余計な引き止めがなければ手続きは一瞬です。もし次の機会があるなら、最初からゴリ押しで行くことにします。

さいごに

「MNP予約番号発行の電話でauの引き止めと戦ってみた」いかがだったでしょうか?
今回は僕がMNP予約番号発行の際にauにどういう引き止めにあい、どう退けたかについての体験談をお話させていただきました。

最近だんだんと格安SIMが使われるようになってきています。大手キャリアは顧客を失いたくないため、あの手この手で引き止めをしてくるでしょう。

これからMNP予約番号を発行する際、引き止めを恐らくされると思います。そのときに僕のこの体験談が、何かしらの形でみなさまのお役にたてば幸いです。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました