【仕事】ドトールで作業してみた【アウトプットに最適】

仕事

みなさんこんにちは、ちょいまけです。
今回は人生で初めてドトールで作業をしてみたというお話をします。

僕は家で作業をすることが多いのですが、どうしても集中できなかったりサボってしまうことがあるので、喫茶店で作業すると実際どれくらいはかどるのかを試してみることにしました。家で作業する場合と比較して、いろいろ良い効果を実感できたので、その内容をこれから紹介します。

良い点

ドトールで作業をしてて感じた良い点です。

  • (誘惑が少ないから)作業に集中できる
  • 椅子と机がある
  • お洒落な気分を味わえる

作業に集中できる

家の場合、作業の邪魔になる誘惑がたくさんあります。本、TV、ゲーム、ベッドなど、これらの誘惑に常に勝ち続けるのは並大抵のことではありません。

その点ドトールで作業する場合、自分の周りにあるのは机、椅子、飲み物だけです。余計なものが少なく、また周りに人がいることで適度な緊張感を持つことができ、作業に集中することができます。

椅子と机がある

僕の家の作業場はローテーブルと座布団です。この環境だと長時間作業をする場合腰を痛めてしまいますし、足が痺れたりすることもあるのでどうしても作業に集中できません。机と椅子があるという環境を使うことで、自分の体の負荷を気にせず作業ができて快適です。

お洒落な気分を味わえる

ドトールは喫茶店です。多くのお客さんを相手に落ち着いて過ごすことができる空間を提供することでお金を稼いでおり、そのため普通の家よりも快適でお洒落な設備、空間が揃っています。そのようなお洒落な空間で過ごすことで、気分転換にもなり自分のメンタルに良い影響を与えることができます。

悪い点

逆に良くないなと感じる点をいくつかピックアップしました。

  • wifiが不安定
  • お金かかる
  • 席が確保できない可能性

wifiが不安定

ドトールに代表される喫茶店のwifiはフリーwifiです。定期的に接続が切れるし、暗号化がされていないしでネットを良く活用して作業する場合は時々不便を感じる時があります。頻繁に通信をする作業や高度なセキュリティを必要とする作業はしない方が良いと思います。

お金かかる

当たり前ですが喫茶店なので、何か注文しないといけません。一回あたり最低300円弱かかるので、そのあたりの費用が気になる場合は利用を控えても良いと思います。

席が確保できない可能性

タイミングによっては席が空いていなかったり、好みの席を確保できないことがあります。僕は空いている席を探すという行為が割とストレスだったので、利用者が少ない時間帯を選ぶなどの工夫が必要だなと思いました。

アウトプットに最適

これまでの良い点、悪い点を踏まえた上で、僕が考えるドトールの最適な利用方法はアウトプットに使うです。僕は今この記事をドトールで書いているのですが、家でブログを書く場合に比べて誘惑が少なく作業に集中できています。

反面、インプットをするには少し周りの話し声がうるさすぎる気と感じるので、そういった作業は家で行うことにします。インプットはベッドで寝転がりながら行っても支障はさほどありませんが、アウトプットは座って作業しないと捗らないためです。

さいごに: 環境を変えて効率を上げよう

日々を過ごす上で一番危険なのがマンネリです。同じ環境でパフォーマンスを出すという考え方もありますが、より良い環境を求めて行動することで新たなステージに立つことができる可能性がありますし、さらなるパフォーマンスを出すことができる場合もあります。

行動しないことで何も知らないまま同じところにい続けるというのは、この変化の早い時代においてリスクしかありません。ぜひ積極的に動き続けて、自分にとっての最高の環境を探す努力をしましょう。僕も頑張ります。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました